メニュー

卒業生の声

みんな夢を叶えて活躍中。

ウエディングプランナー

私のパワーの源はお客様の笑顔と「ありがとう」。

アニヴェルセル ウエディングプランナー

宮本 真緒 さん

2014年 昼間部 卒業
西寝屋川高校(大阪府)出身

企業実習での経験が知識を本物のスキルに変えた。

高校時代、ブライダルの仕事に憧れて入学を決意。学校では業界出身の先生方から幅広い専門知識や洗練した立ち居振る舞い、美しい言葉遣いなど…多くのことを学びました。中でも特に私の糧になっているのが企業実習での経験。直にお客様と接することは、教室で学ぶ知識を“本物のスキル”に変えてくれたのです。慣れない現場に苦戦した思い出もありますが、新郎・新婦様とのふれ合いはそれ以上に、この業界で働く喜びを教えてくれました。

お客様と信頼関係を築き結婚式を創るやりがいは無限大。

理想の結婚式をプロデュースするためには、何より新郎・新婦様との信頼関係を築くことが不可欠。お客様に心を開き小さなことでも相談していただくために、在学中に磨いたコミュニケーション力が役立っています。そうして共に創り上げた式が成功を収めた際に新郎・新婦様からいただく「ありがとう」という言葉と笑顔を見ると、明日からもがんばろうという意欲がむくむくと…。お客様の喜びが私の原動力、そう思える仕事に出会えたことをうれしく思います。

幸せな人生のはじまりをお手伝いする仕事。

ザ ソウドウ 東山 ウエディングプランナー

田中 千尋 さん

2008年 昼間部 卒業
水橋高校(富山県)出身

これまで150組近くの結婚式を担当してきましたが、お話をうかがいながら一緒におふたりらしさを見つけていくことは何度経験しても喜びを感じます。お互いへの想いを強められるカップルも多く、結婚式の先の人生まで関わる仕事なのだと実感する日々。結婚式を創ることで、記念日のたびに「ソウドウ」のレストランで食事していただけるような関係を築けたら。そんな想いで取り組んでいます。

在学中に学んだことがプロフェッショナルへの近道に。

ホテル阪急インターナショナル ウエディングプランナー

内永 果成 さん

2013年 昼間部 卒業
三本松高校(香川県)出身

「この人になら結婚式を任せたい」とお客様に信頼いただくことが、ウエディングプランナーの喜び。ホテルというラグジュアリー空間を好まれる新郎・新婦様はやはり美意識も高く、おふたりの心をつかむためにはプロフェッショナルらしい対応や印象が不可欠です。そんな中で在学中に学んだ専門知識や身だしなみ、立ち居振る舞いがとても役立っています。特に私はカラーの授業が好きだったのですが、初対面の新婦様と話す時、ドレスの色についてお話するとすぐに場が和むんですね。毎日が楽しくてあっという間に過ぎた2年間でしたが、必要なことはしっかり学んでいたんだと実感しています。

在学中に本物にふれ柔軟な対応力が身についた。

ANAクラウンプラザ大阪 ウエディングプランナー

富田 瑞季 さん

2013年 昼間部 卒業
久米田高校(大阪府)出身

ウエディングプランナーは、お客様ごとにコミュニケーション方法を変えたり、ハプニングがあれば瞬時に適切な対応をするなど、臨機応変な行動が求められます。多彩なお客様への接客スキルが身についたのは、在学中に本物の結婚式をプロデュースする「リアルウエディング」の経験のおかげ。先日はお客様に「富田さんには何でも話せた」と披露宴の席で謝辞をいただけ、努力が実った喜びを実感しています。

お客様の幸せな日を創る。

ラヴィマーナ神戸 ウエディングプランナー

藤本 千穂 さん

2014年 夜間部 卒業
天理高校(奈良県)出身

一生に一度の結婚式が最高の日であるように、セレモニーの進行はもちろん、ドレスや引き出物など幅広くアドバイスしています。在学中に多彩な分野を学べたおかげです。先日は「藤本さんと出会えて良かった」という手紙をいただき、仕事のやりがいを感じています。

アメリカ長期留学が、夢を与えてくれた。

アヤナリゾート&スパ バリ ウエディングプランナー

渡部 成美 さん

2011年 昼間部 アメリカ留学制度 卒業
千里青雲高校(大阪府)出身

アメリカ長期留学の経験を無駄にしたくなくて選んだ海外就職の道。憧れのホテルに入社できたのも、留学の経験があったから。ウエディングコンサルタントの仕事は、バリ島到着後の最終打ち合わせ、挙式当日の進行と新郎・新婦様やゲストのお世話、旅行会社とのやりとりなど多忙ですが、異なる文化で育ったスタッフと一緒に働くのは学ぶことも多く、新鮮で刺激的な毎日を送っています。

ドレスコーディネーター

お客様の反応が、ドレス選びのヒントに。

フォーシス アンド カンパニー ドレスコーディネーター

廣瀨 美緒理 さん

2014年 夜間部 卒業
益田高校(島根県)出身

一生に一度のセレモニーだから新婦様が心から気に入ったドレスをご提供したい。そのために私が心がけているのは、それぞれの個性や好みをふまえること。来店時のお洋服や持ち物から「こういう雰囲気が好きでは?」と判断し、在学中に学んだ色の知識などを活かし、似合うドレスを提案しています。肝心なのは新婦様の反応を見ること、決して押し付けないこと。ご提案に満足していただけたときの喜びは忘れられません。

新婦様の魅力を活かして、一生の思い出を彩りたい。

プルミエ扇屋 ラヴィマーナ神戸 コスチュームサロン
ドレスコーディネーター

増野 真実 さん

2010年 夜間部 卒業
夙川学院高校(兵庫県)出身

新婦様のご希望に自分の見立てをプラスして提案することが、私のこだわり。新婦様の個性を活かせるドレスをプロの視点からおすすめして、ご自身の魅力を再発見していただきたいんです。結婚式本番での新婦様の美しさはやはり感動的!一生の思い出を彩るウエディングドレスに関わることの充実感を、心から味わえる瞬間です。

お客様の好みを第一に考えることが本当の満足につながる。

ワタベウェディング株式会社 衣装コーディネーター

蛭田 彩香 さん

2013年 夜間部 卒業
柴島高校(大阪府)出身

衣裳をご提案する際に心がけているのが“一方的”にならないこと。お客様の好みを第一に考えながら挙式会場の雰囲気もイメージし、プロとして最高の1着をご提案します。カーテンを開いた際の、照れくさそうな笑顔を見ると、私もうれしい気持ちになります。限られた時間の中で信頼関係を築くには、好感度の高い接客がカギとなります。大阪ブライダルで厳しく教えられた美しい立ち居振る舞いやコミュニケーションスキルが今、役立っていると実感しています。

衣裳選びで、お客様と共にハッピーに。

アンテリーベ ドレスコーディネーター

玉井 千帆朱 さん

2015年 夜間部 卒業
奈良情報商業高校(奈良県)出身

私のモットーは、お客様と一緒にハッピーな思い出を作ること。在学中に学んだパーソナルカラーの知識を活かして似合う色をご提案したり、色合わせを楽しむことを心がけています。「玉井さんに会うと元気になれる!」との言葉は何よりの幸せ。結婚式後にもお客様がご来店くださったり、やりがいのある充実した仕事ですよ。

新婦様を最高に美しくするドレスを。

アクアグラツィエ 京都 ドレスコーディネーター

徳本 美穂 さん

2013年 昼間部 卒業
交野高校(大阪府)出身

この仕事の魅力は、新婦様に最高の美しさを提供できること。たくさんのドレスからこれぞという1着を選び抜くスキルの基本は、在学中に身につけました。本当に似合うドレスは新婦様だけでなく周りの方からも好評。小物や新郎様の衣裳とのバランスを考え、コーディネートがバッチリ決まると「やった!」とうれしくなります。

一途な努力が叶い、憧れの職場へ!

THE HANY ドレスコーディネーター

奥下 望 さん

2014年 夜間部 卒業
可部高校(広島県)出身

ウエディングドレスに関わる仕事に就きたい…と大阪ブライダルに入学した私。仕事と学校を両立する日々の中で身につけたのは「現場で役立つ実践的な技術」と「目標に向かってがんばり続けるねばり強さ」。この2つを強みにずっと憧れていたTHE HANYに就職することができました。努力すれば夢は叶うことを教えてくれた大阪ブライダルでの2年間は、私の一生の宝物です。

ビューティーアドバイザー

大好きなヘアメイクに関わる喜び。

ビーイー株式会社 ビューティーアドバイザー

川上 あやめ さん

2014年 昼間部 卒業
長野北高校(大阪府)出身

結婚式という晴れ舞台で、新婦様を美しく輝かせることがブライダルヘアメイクの使命。生涯において何度も見返す思い出の写真にも残るので、緊張と共にやりがいを感じます。ブライダルシーンには普段とは違う華やかさが求められ、パッと印象が変わります。それだけに新婦様とじっくりコミュニケーションを取り、好みや要望をお聞きするのが大切ですね。時には「ありがとう」のお手紙やプレゼントをいただくこともあり、仕事の喜びを感じます。

新婦様をより輝かせる喜び。

ステレオブライダル ビューティーアドバイザー

木下 ひろの さん

2015年 夜間部 卒業
木本高校(三重県)出身

新婦様をより美しく輝かせるのがブライダルメイクの力。要望をヒアリングする際、在学中に学んだブライダルの知識や用語が役立っています。完成後に幸せいっぱいの笑みで「素敵に仕上げてくれて、ありがとう」と言っていただけた瞬間、私の胸も幸せとやりがいで満たされます。

メイクで人を幸せにしたい。

みどり美粧院 ラヴィマーナ神戸店 ビューティーアドバイザー

平田 綺沙 さん

2012年 夜間部 卒業
高田商業高校(奈良県)出身

幸せを創るお手伝いがしたくて、ブライダル業界へ。新婦様の笑顔をより輝かせるメイクの仕事は、想像以上にやりがいに満ちています。先日もご両親から涙ながらに「綺麗にしてくれて、ありがとう」と言っていただき、胸が熱くなりました。人に心から喜ばれる自分の仕事を誇らしく感じました。

フラワーコーディネーター

新婦様の一番近くで“華を添える”仕事。

日比谷花壇 フラワーコーディネーター

岡村 友梨香 さん

2016年 夜間部 卒業
PL学園高校(大阪府)出身

ブーケや装花は、新婦様の一番近くで輝くまさに“華”を添える存在。在学中に培ったカラーや生花の知識を活かし、ドレスや会場をより美しい印象に演出するのが私の仕事です。結婚式当日に飾られ、新婦様に持っていただくことで、花は一段と魅力的に映るもの。「綺麗!」と感動の声があがると、最高にうれしくなるんです。

一生に一度、お客様の特別な日を彩るために。

フローリッシマ フラワーコーディネーター

森 彩華 さん

2015年 夜間部 卒業
三木高校(香川県)出身

一生の思い出になる晴れの日を花で彩る…それが私の役割。セレモニーがワンランク美しくなるようなコーディネートを、お客様と何度も打合せして、信頼関係と共に創り上げていきます。お客様の希望は様々なので、花もそれぞれに違うイメージで制作。セッティングされた会場を見るたび、私自身も毎回感動してしまうんです。

在学中に学んだ知識は現場での自信になります。

テイクアンドギヴ・ニーズ アーカンジェル迎賓館 名古屋
フラワーコーディネーター

吉永 さやか さん

2015年 夜間部 卒業
龍桜高校(鹿児島県)出身

在学中、人に元気を与える花の魅力に気づき、ドレスコーディネーターからフラワーコーディネーターへ志望を変更。途中で転向したので、「知識は十分かな?」と自信がなかったのですが、実際に働き出して心配は解消!大阪ブライダルで花を美しく見せるスキルはもちろん、ブライダルに関する幅広い知識を学んだことが現場で十分通用すると実感したんです。最近では、私が制作したブーケのデザインをとても気に入っていただき、「ずっと残したいです」とおっしゃってくださったことが印象に残っています。

多くの男性も活躍中

出会って数時間で人生を託される醍醐味。

アニヴェルセル ウエディングプロデューサー

植田 展弘 さん

2011年 昼間部 卒業
枚方なぎさ高校(大阪府)出身

ウエディングプランナーを経験したあと、新規接客担当に。プランナーは何ヵ月もかけてお客様と関係を築いていけますが、新規接客担当は施設などをご案内する数時間が勝負。しかも男性だと営業マンのイメージが強く、警戒されることも少なくありません。それだけに、「植田さんがいるから」とご成約いただけると本当にうれしいですね。会場選びはおふたりの歴史に残る重要な決断。会って数時間で人生を託される、これほどやりがいのある仕事ってありますか?

責任ある役職を任されるやりがいのある仕事。

ザ・トリート・ドレッシング ドレスショップマネージャー

森内 保博 さん

2007年 夜間部 卒業
島根中央高校(島根県)出身

ドレスショップのマネージャーとして、人事や売り上げの管理を任されています。まだ男性が少ないぶんキャリアアップをめざせる業界だと思います。また入社当時はメンズコーディネーターをしていましたが、最近は衣裳にこだわる新郎様が多く、現場にも男性が求められていると感じています。洗練されたスマートなサービスが求められており、その点は大阪ブライダルでしっかりと鍛えられた接客スキルが役立っています。

新郎・新婦様と、ずっとご縁が続くレストランウエディングの喜び。

北野クラブ レストランキャプテン

依光 勇也 さん

2008年 昼間部 卒業
須崎高校(高知県)出身

レストランウエディングの良さは、新郎・新婦様が挙式後も記念日などでレストランをご利用してくださること。「あの日はありがとう」という言葉に喜びを感じます。またウエディング業界は女性の世界…というイメージがありますが、新郎様とのコミュニケーションや式全体の進行管理など、男性の目線が役に立つこともしばしば。意欲と知識があれば男女は問いません。日々進化するトレンドをキャッチしてお客様への提案に盛り込むなど、企画力を発揮できるのもやりがいに繋がっています。

新郎・新婦様を近くでフォローする緊張と感動いっぱいの仕事。

バリューマネジメント バンケットキャプテン

山﨑 嶺 さん

2011年 夜間部 卒業
和歌山工業高校(和歌山県)出身

私が担当するバンケットキャプテンは、披露宴の進行管理や新郎・新婦様の先導役も担う役どころ。出席者の目にふれるだけに洗練された立ち居振る舞いが要求されますが、セレモニーや披露宴をおふたりと同じ目線で経験でき勉強になります。新郎様の方が緊張されるシーンも多く、男性ならではのサポートも喜ばれますね。夫婦が誕生する瞬間に立ち会える喜び…何度味わっても感動する最高の仕事です。