ホスピタリティ ヒューマンスキル

ホスピタリティとは「相手を思いやり、相手の立場に立って行動する気持ち」のこと。
日本では「おもてなしの心」「思いやり」とも言われます。
サービスの世界で働くには、このホスピタリティは何より大切。
本校では、これを授業の中で学び、理解して、行動できる力を養っていきます。

狙い

ホスピタリティを理解して
身につけるための授業です。

「ホスピタリティとは何か?」を心から理解し、きめ細かなおもてなしが自然にできる人間を育てます。1年次の前期に学ぶことで、その他の科目や企業実習への取り組み方が大きく変わります。

内容

1年次の前期、週に2時間。
学生たちはどんどん変わります。

日常の行動を振り返って「これはホスピタリティ?」と話し合ったり、自己分析をすることで職業適性について考えたり。人間への理解を深く掘り下げるカリキュラムです。

カリキュラム例

  • ■ 事例から考えるホスピタリティ
  • ■ 実践したいホスピタリティ
  • ■ サービスとホスピタリティの違い
  • ■ 自己理解を深める
  • ■ なりたい自分を考える …など

目標

この授業で学んだすべてのことが
サービス業界での未来につながる!

ホスピタリティを身につけて接客レベルをアップさせ、自己理解を深めて就職に役立てる…この授業のゴールは、学生たちが真のプロフェッショナルとなって、ブライダルの世界で活躍することです。

行動

「クレド・カード」を作って
日常からホスピタリティを実践。

「クレド」とはラテン語で「約束」や「志」を意味します。ホテルの最高峰、ザ・リッツ・カールトンでは社員が接客目標を書いたクレド・カードを携帯。そんな一流のプロの習慣を、学生も取り入れています。