トラベルジャーナルグループ

学園創立46年の歴史と教育体制が実証する「本物(プロフェッショナル)」になれる理由。

トラベルジャーナル学園の歴史

業界のニーズから生まれた学校

トラベルジャーナル旅行学院 初年度の入学式

学園創立者である森谷哲也は、日本で初めての旅行業界専門情報誌「週刊トラベルジャーナル」を創刊。観光・ブライダル業界との深い関わりの中で、森谷は業界からの要請を受け「業界が求める優秀な人材」を育てるための専門学校創立を決心します。そして1973年に「トラベルジャーナル旅行学院(東京校)」を創設。1981年大阪校を開校し、現在の「ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪」へと名称を変更。そして…2011年にはブライダルビジネスの隆盛と共に「大阪ブライダル専門学校」が誕生。企業や業界との強いキズナは、ずっとずっと昔から結ばれているのです。
本校はブライダル・観光業界と太いパイプを持つ「トラベルジャーナルグループ」をバックボーンに持つ専門学校として、多くのブライダル企業から期待され、支援されています。

評価される学校

大阪府の産学接続コース推薦校に。

若者の雇用不安や就職ミスマッチを解消するため、大阪進路支援ネットワークが普及に努めているのが、社会人としての即戦力を養成する職業教育「産学接続コース」。大阪府が推奨するコースが27校全48コースある中、本学園は10コースが選ばれています。

文部科学省の職業実践専門課程に認定。

専攻分野における実務に関する知識、技術および技能について組織的な教育を行っていることを、文部科学大臣が認定して推奨する「職業実践専門課程」。2014年4月よりスタートしました。厳しい基準をクリアして認定されたのは全国2,822校のうち954校。

支援される学校

推薦・支援団体

  • 公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会(BIA)
  • 太平洋アジア観光協会(PATA)
  • 一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)
  • 駐日外国政府観光局協議会 ANTOR-JAPAN
  • 一般社団法人 全国旅行業協会(ANTA)
  • 一般社団法人 日本添乗サービス協会(TCSA)
  • 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)
  • 海外ホテル協会(OHEA)
  • 一般社団法人 日本旅館協会
  • 一般社団法人 日本外航客船協会(JOPA)

沿革

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

1973年 10月 トラベルジャーナル旅行学院(東京校)開校
1975年 10月 (一社)日本旅行業協会推薦校となる
1977年 6月 (一社)全国旅行業協会推薦校となる
1981年 2月 太平洋アジア観光協会 日本支部推薦校となる
1981年 4月 大阪トラベルジャーナル旅行学院(大阪校)開校
1982年 8月 駐日外国政府観光局協議会 推薦校となる
1986年 4月 大阪府より専修学校として認可され、大阪トラベルジャーナル旅行専門学校に校名変更
1986年 4月 アメリカ シアトル校開校
1991年 10月 海外ホテル協会、(一社)日本海外ツアーオペレーター協会推薦校となる
1993年 10月 (一社)日本旅館協会推薦校となる
1994年 4月 トラジャル旅行ホテル専門学校に校名変更
2000年 4月 (公社)日本ブライダル文化振興協会支援校となる
2002年 4月 (一社)日本添乗サービス協会推薦校となる
2007年 4月 ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪に校名変更
2011年 4月 姉妹校 大阪ブライダル専門学校開校
2013年 4月 姉妹校 東京ブライダル専門学校開校
2018年 4月 姉妹校 大阪ホテル専門学校開校
姉妹校 大阪テーマパーク・ダンス専門学校開校
2019年 4月 台湾 台北校開校

理事・監事・評議員

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

理事長 森谷 博(学)トラベルジャーナル学園 理事長
専務理事 岸本 信夫
常務理事 高田 直樹
理事 中村 裕東京校 校長
岡崎 俊城日本航空株式会社 元常務取締役
渡部 隆夫ワタベウェディング株式会社 元会長
評議員 内薗 幸一ANAホールディングス株式会社 常勤顧問
楳垣 真弓株式会社近鉄・都ホテルズ 取締役人事部長
古木 康太郎株式会社グローバルユースビューロー 代表取締役会長
有野 一馬一般社団法人 全国旅行業協会 専務理事
服部 茂全日本空輸株式会社 上席執行役員空港センター長
中野 星子日本航空株式会社 執行役員西日本地区支配人
野田 兼義公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会 専務理事
高橋 敦司株式会社ジェイアール東日本企画 常務取締役
小林 正保ANAセールス株式会社 執行役員旅行事業本部副本部長
監事 芦澤 宗孝永和監査法人 社員 公認会計士
内藤 浩之齋藤総合税理士法人 統括代表社員 税理士

(2018年12月現在)